薬で菌を追い出せ|水虫のいないピカピカ足でストレスフリー

症状を知る

靴

市販の水虫の薬の価格と病気の効果について

水虫に悩まされている人は老若男女問わず多いでしょう。皮膚科に受診して治療する人もいるでしょうし、市販の塗り薬で何とかしようとしている人もいるでしょう。皮膚科で受診する場合の水虫の治療の費用は保険の適用になります。そのため自己負担額は人によって異なりますがかなり安くなるでしょう。一方、市販の塗り薬で対応している場合は使う薬は人によって様々でしょう。市販されている薬も多くの製薬企業から販売されていて種類も値段も様々であります。ただし価格と効果には関係はないといえるでしょう。つまり高いからと言ってよく効くというものでもないのです。市販の塗り薬を長く使っていても効果を感じない場合は皮膚科を受診して医師の診断を受けた方が良いかもしれません。

第二次世界大戦後に靴を履く習慣が増えて患者が増えました

現在では多くの人が悩まされている水虫ですがその歴史をたどってみましょう。最初に水虫が確認されたのは19世紀の終わり頃といわれています。その後水虫の研究が始まり、水虫の原因が真菌であることが分かったのは1910年ごろです。しかし日本ではすでに江戸時代から水虫田虫という言葉が使われていました。田んぼの仕事をしている季節になると足に水泡のものが出来て痒かったようですね。当時はまだ原因が不明だったので、水の中にいる正体不明の虫が足を刺したのだと思われていたため水虫と呼んでいたそうです。このような水虫ですが、第二次世界大戦後日本でも靴を履く習慣が増えてそれに伴って患者の数も増えました。このような背景をみると水虫は現代病といえるかもしれませんね。

根気強く治療

靴

梅雨など、ジメジメとした季節になると水虫が発症しやすくなるでしょう。菌がいなくなるまで根気強く治療する必要がありますが、専門家の力を借りれば難しい事ではないのです。

Read More...

原因と対策

医者

痔になる原因として、便秘が関係している可能性があります。便秘になると排便が難しく、無理に出そうとして肛門が裂けてしまう恐れがあります。裂けた場合、炎症を起こして痔になるのです。

Read More...

異変が起こっている

お腹

水虫1つである爪水虫は、放置すると大変なことになります。異常が見られた場合は、早急に病院へ足を運びましょう。また、爪水虫がどのような病気なのかを知ることも大事なので、情報収集もしっかりと行なうべきです。

Read More...